不倫を続ける男の本音

誰にも言えない

浮気をしていいという嫁はできてるのか?

「美女が書く笑えるブログ」の

「浮気をしていい」と言うと「出来てる奥さんだね」と男性から褒められるんだけど

を読んでみました。

このブログの作者は女性であるが故、女性視点で不倫を考察してるのが特徴です。
本音でズバっと語ってるのも面白かったですね。
項目別に私が感じたことを語ってみます。

ブログ主は浮気容認の奥さん

最初の前置きで目についたのが「浮気していい」というブログ主・美女(みめい)さんの言葉です。

このように言うと主人の男友達から「出来た奥さんだ」と言われたり、羨ましがられたりするとのこと。

この言葉を受け、男とはそんなに浮気をしたいものなのかっ?と美女さんは不思議に感じたそうです。

確かにこれ、女性には判らない事だと思います。

私自身男性ですからわかりますが、男性は女性を好きか嫌いかで行為の対象としては見てませんからね。

早い話、その女性から色気を感じるかどうかです。

顔・声・話し方・若さ・スタイル・服装・雰囲気等、どれかが自分好みだとグっと来てしまうんです。

とはいえ、浮気バレすると妻や彼女との仲は険悪になりますし、離婚や別れになるかもしれません。

ですので普段は理性で抑えています。

浮気OKと言われても、逆に裏があるかも?なんて勘ぐっちゃって出来なかったりします。

また嫉妬深い女性よりは居心地がよさそうですし、案外浮気しないケースもあると思うんですよね。

浮気OKには、半分賛成半分反対

美女さんが冒頭で仰っていた「浮気OK」についてここでは触れています。
美女さんは、「嫉妬」という感情が欠落してると自己分析されてます。

で、昔から付き合う男性には「浮気OK」「浮気したいなら、どうぞ」と言ってたようです。

他の女性を好きになったり気になる女性が現れたら、してもいいよって事らしいです。

私としてはこれに全面賛成は出来ません。

というのも、私は以前交際女性に浮気をされた挙句、性病までもらった経験があるからです。

浮気しても避妊をきっちりとし、性病感染や妊娠しないなら私はOKです。
言葉を変えると、私に被害がまったく無いのならOKということですかね。

しかしこれ、現実的には相当無理があります。

既婚者や交際相手のいる人と行為しようという貞操観念の無い人が浮気相手なわけです。

当然他の人とも関係を持ってると考えるべきですし、性病感染リスクは高いと考えた方がいいでしょう。

避妊にしても、気をつけていてもその場のノリで避妊具無しですることもあるでしょうし、してても100%避妊出来るわけではありません。

こういうリスクを考えると、浮気OKで誰ともでしてくれていいよとは言えないなって思います。

友人の恋愛相談について

美女さんはこういうスタイルですから、友人女性から浮気相談されると???って感じだったそうです。

浮気されるのが嫌なら別れれば?といっても、友人女性は別れたくないとの事。
で、悩んだ末に夫や彼氏からフラれるそうです。

浮気された方が損するのは不思議だと疑問を投げかけていますが、これは微妙だと思います。

確かに浮気された側がフラレルって理不尽だなとは思います。
でもそこに至るまでの経緯が問題なんだと感じるからです。

「浮気を許せない女性」という項目では、嫉妬深い友人女性について語られてます。
これを見て、ますますそういう気持ちが高まりました。

主人がイケメンだから浮気してないか?と心配になる気持ちもわかりますが、だからといってスマホチェックまでされるとウンザリしますからね。

疑心暗鬼という言葉がありますが、普通に考えるとなんて無いことでも、疑いの目で見ると何でも怪しく感じてしまいます。

この友人は内緒でこっそり夫のスマホチェックをした挙句、女性の伝言メッセージが入ってるのを知って怪しいと疑いました。

伝言メッセージぐらい普通にありますし、もし仮にその女性と浮気をしてたらそんな証拠の残るようなことはしません。

でも頭が「浮気!浮気!」で一杯の友人女性は、こんな簡単な事もわかりません。
その結果、留守番電話の女性に無言電話をしてやった!というのですから、気持ち悪い限りです。

友人女性の心はますます病んでいきます。

ご主人が帰宅すれば、頭の先から足のつま先までの匂いを嗅いでチェックの上、「浮気をしていない?」と詰問。そしてスマホチェックまで。

ご主人の髪が濡れていたら浮気したと大騒ぎ、口喧嘩したら喧嘩別れして浮気相手と一緒になろうとしてるなんて言い出す始末。
私なら浮気どうこう以前に、この病んだ友人女性から距離を置きたいと感じるでしょうね。

奥さんが疑心暗鬼になった原因について

奥さんがご主人の浮気を気にするようになったのは、二人目の子供を生んでからの夜に「泳いでるみたいだ」と言われたことじゃないかと推測しています。

美女さんは、この言葉を言った友人のご主人を非難しています。
でも私はそこまで悪いとは感じませんでした。

デリカシーの無い言い方だったとは思いますが、残念ながらこれは事実です。
というか広いと感じるのに男性側のサイズはほぼ関係ありません。

出産前に普通に行為出来ていたのなら、サイズの大小にかかわらず違いを感じるからです。

緩くなったのは事実ですし、女性が今まで通りの感覚でしてれば当然ご主人は不満に感じるでしょう。

でもそこは女性側の工夫でなんとでもなります。

膣を締めるトレーニング、行為までの日数をあける(しない日が続けば自然と締まる)、締まり具合が関係しにくい騎乗位でする、要所要所で締める、なんて感じの事をすればご主人も普通に行為出来たと思いますからね。

まあご主人の言葉にショックを受けたのはわかります。

でもその後の方向性が不味かったのでは?と感じるわけです。

浮気をしてるのでは?と怪しまず、ご主人に気持ちよ良くなってもらえるよう努力すればいいだけだったと思います。

まとめを見て

「浮気OK」を主張する美女さんですが、逆に美女さんのご主人は浮気をしてないようです。

でもこれ判ります。

例に挙げられた疑心暗鬼の塊のような妻だと、ご主人も家に居てても落ち着かないだろうし安らぎを求めて浮気することもあるでしょう。

でも美女さんのような方が妻なら家庭で安らぎを感じられそうですし、他の女性とわざわざ浮気なんて面倒だと感じるのではないでしょうか。

浮気NGな友人は浮気をされ、浮気OKな美女さんは浮気されない。
なんとも皮肉な話ですが、これが男女関係の不思議な所なんだと思います。